割れたガラスは非常に危険なので正しい方法で処分することが大切。

子供がガラスを割ってしまった!~ガラスの正しい処理方法~

集めたガラスの処分の仕方って?

子供が割ったガラスの処分はガラス修理業者に依頼して引き取ってもらうこともできますが、自分で処理するという方法もあります。色々な方法があるので、自分が処分しやすい方法を見極めましょう。

自分で処分

割れたガラスを捨てる
割れたガラスは燃えないゴミとして出すことができます。回収する人が怪我をしないように新聞紙でしっかりと包んで、赤色のマジックなどで「割れ物注意」と書いてあげると良いでしょう。
地域のルールをチェック
割れたガラスの破片を処分する時のルールはお住まいの地域によって異なります。ルールを守らないと、罰金を支払うハメになるかもしれません。まずは自治体のホームページなどでガラスの破片はどうやって処分したらいいのかチェックしましょう。

ガラス破片の処理についてクエスチョン


ガラス交換時に出た不要なガラスの破片はガラス修理業者にしか処分を依頼できないのでしょうか?
ガラス修理業者以外にも自治体に任せるという選択肢もあります。ガラス破片の処理の流れとしてはガラスの破片が持ち込みできるゴミ処理施設などを教えてもらい、そこへ持って行くだけです。受付時間や料金は自治体によって異なるので、事前に確認しておきましょう。
割れたガラス破片を処分する時に気を付けることってありますか?
ガラスの破片はとても鋭利なので、袋に入れるだけだと子供が触った時に怪我をしてしまうかもしれません。ガラスの破片が飛び出してこないように何重にも包んで、袋の口もしっかりと結んでおきましょう。

ガラスの処分方法は状況によって変わります。その時の自分の状況に応じて安全に、そしてスムーズにガラスの破片を処分できる方法を選びましょう。

TOPボタン